喉声の原因である喉を閉める癖を治す方法

はじめに

ここでは日々の練習、レッスンを通して新しく発見した発声のコツを、包み隠さず書き綴っていきます。あくまで私個人の見解ですので正解かどうかは分かりません。ですが、実際に自分に応用し、効果があったものを書いていきますので、同じように悩んでいる人のためのヒントになれば嬉しいです。

 

 

 

今回のテーマ:喉声の原因である喉を閉める癖を治す方法

喉声で悩んでいる方、多いのではないでしょうか。私もその一人です。喉声だと、声が嗄れて長時間歌えない、高い音がでない、または出ても綺麗な音で歌えないなど、100害あって1利なしですよね。そんな状態から脱出するために、一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

 まずは喉声かどうか鏡を見て確認

1.鏡の前に立つ。

2.無理のない音程で「Ah~」と発声する。

 

 

 発声した時、喉周りの筋肉が閉まるような動きをした人は要注意。
これが嗄声の原因、高音発声の弊害になる。

 

 

 

そうなってしまう原因

身体をしっかり使って息を送り出せていないため、喉で代わりに支えている。

発声に使う喉周りの筋肉の場所を間違っている。

 

  

 

自己流 喉声解消テクニック

1.緩んだ普段の姿勢から歌の姿勢にする。

2.姿勢を保ったまま頭から足首まで背骨のラインを意識し身体の中心をとらえる。

3.その中心を軸に肋骨が前後左右に2倍以上大きく開くよう意識する。

4.その状態を続けながら鼻から息を吸う。

5.いつもの発声のイメージを思い出し、自分が意識している発声源の位置を把握する。

6.軽く発声してみて、その位置は高すぎるということを認識する。

7.背面の肋骨の一番下辺りからお尻の曲線上を通り前方に向かうベクトルを意識し、背筋を使って息を送る。

8.無理に音にするのではなく、自然と音になるまでひたすら我慢して待つ。

9.音になったら、その感覚を身体で覚える

 

 

3.の時、実際に肋骨に手を当てて行う。前方向に身体を開くとき、多くの人が胃の部分を膨らませているが、これは間違い。身体を固める原因になるので要注意。

 

4.の時、奥歯を軽く噛んだまま鼻から息を吸う。そうすると頭頂部の開きが意識しやすくなるばかりではなく、発声に必要な背面の筋肉も連動して動く。

 

8.の時、最初は音にならず、ただ息が流れるだけになっても大丈夫。むしろ理想的である。自分で音をならすということを止めることが最重要。そして、不必要な力を取り除くために、大きい音を発するのではなく、ピアニッシモで試みるる。いつまで経っても息だけで、音にならない場合、声帯周りの筋肉がしっかり張りきれていないので、首の後ろ側の筋肉を後ろに引っ張る意識を加える。喉声の人は、声帯周りの筋肉を張る際、喉の前面の意識は十二分にあるので、後ろ側のみの意識で十分!

 

 

 

おわりに

いかがでしたか?何か変わりましたか?この方法は、ピアニッシモで練習するのがポイントです。最初は無理なく短く伸ばすことを目標とし、少しずつだんだんと長く伸ばしていきましょう。音を伸ばす時、喉で支えるのではなく、身体で支える!忘れないように!

癖を治すのは、とても根気のいる孤独で辛い作業ですよね。でも、克服できた先には次のステージへの扉が現れ、さらに先へと進むことが出来る!そして努力は人を裏切らない!毎日気付いた時に確認し、悪い癖を克服しましょう。