初歩から始めるドイツ語文法(4)人称代名詞

皆さん、こんにちは。愛です。

初歩から始めるドイツ語文法(4)では、ドイツ語の人称代名詞についてお伝えします。

では、早速見て行きましょう♪

 

 

 

人称代名詞

私、あなた、彼、彼女など、話し手、聞き手、話題の中での特定の人や物を表す代名詞のことを人称代名詞と呼びます。英語と同じように、話し手を指す一人称、聞き手を指す二人称、それ以外の人や物を指す三人称があります。

  

f:id:operarabbit:20180701041742j:plain


 

人称代名詞の2人称について

2人称には親称2人称と、敬称2人称があります。

親称2人称( 単数du, 複数ihr):親兄弟、友人、神様など親しい間柄

敬称2人称( 単数Sie, 複数Sie):それ以外の間柄

 

3人称のsieは単数、複数に関係なく文頭では大文字、それ以外は小文字。
敬称2人称は常に大文字。

 

 

 

おわりに

人称代名詞は基本的には英語に似ていますが、大きく違う点もあります。それは、1人称。英語では、文頭でも文中でも大文字の I を使用しますが、ドイツ語では文頭のみ大文字で Ich 、文中では小文字で ich となります。ドイツ語と英語、こんがらがってしまわないよう、今のうちにしっかり覚えてしまいましょう!

 

では、Bis zum nächsten Mal!